元保護犬パグのやり直し人(犬)生

何事も全力パグの日常スケッチ

【飼い主の呟き編】春になると思うこと

f:id:kamupug:20220304191810j:image

 東京では少しずつ春を感じる暖かさになってきました。今年もなんとか冬を越せたという安堵感で、今は、胸がいっぱいです。

 

 当ブログは我が家のパグ史を振り返りつつ記事にしており、現在2代目パグ・ボノの武勇伝などを綴っておりますが、実際の我が家には3代目パグのピータンが暮らしています。元保護犬さんなので年齢不詳ですが、間違いなく10歳を超えた高齢パグです。

 

 ピータンは元々寒さにとても弱く、冬になると冬眠寸前の生き物のように動きが緩慢になります。さらに寒い日に散歩に出ると、冷えでお腹の調子が悪くなるので、獣医さんから冬の間は散歩に行かなくてもいいと言われたほどです。…まあ、運動不足になると困るので、真昼間にセーターを着せて短い散歩だけしていますが。

 というわけで、冬の間はいつも家で暖をとりつつボケーっとして過ごしているのです。

 

 このボケーっとした生活はシニア期になってからとても顕著になり、毎冬ごとにボケボケになるので、それはそれは毎日が心配なわけです。特に昨年末からはご飯を食べなかったり残したり、朝は起きないで昼まで寝ている始末。もう私としてはハラハラドキドキです。

 

 こんな状態を心配して獣医さんに相談したのですが、老化に伴うホルモンバランスの崩れによるもので、寝る時間は自然と長くなるとのことでした。まあ、寝るのは静かに見守るとしても、ご飯を食べなくなるのは大問題です。もしかして、ピータン…もしかして…なんて半べそになりながら、何とかご飯を食べるようアレンジを繰り返しました。

 

 通常はカリカリフードをお湯でふやかして、茹でキャベツなんかの野菜をトッピングしたご飯だったのですが、さらにヨーグルトをかけてみたり、好物のイモものせてみたり。贅沢にバナナのせなんてのも。でも変化はなし…。ご飯ではなくおやつにチュー○をあげてもみたけど、全部吐いてしまったり…。

 

 それではウエットタイプの缶詰フードはどうだろう?ピータンが好きそうな野菜入りビーフの缶詰を与えてみると…食べた!!! しかもがっついて食べました。そして何もないお皿を名残惜しそうに舐めまくってました。

 こんな姿を見るのはいつ以来? あまりにも久しぶりだったので、嬉しさのあまりまた半べそ状態で缶詰を山程買いに行きました。

 

 それからは毎朝私が起きてくるとピータンも起きてきて、吠えてご飯を催促するように。え? まだ暗い6時だけど?って驚くばかりの変貌ぶりです。嬉しくてつい毎日野菜増し増しですが、もちろんペロリと余裕の完食です。

 

 こうして食欲が復活し、無事に春を迎えることができました。もちろん高齢故に他にも心配事は尽きませんが、冬を越えるというのはピータンにとって冬季黒部横断の達成であり、大きな節目なのです。

 だからつい、暖かい陽だまりの中でピータンの昼寝姿をながめつつ、目を細めてしまうのです。

 

 ただ、食欲が戻ったと浮かれてばかりいると、ボディが丸くなるのでこれはこれで注意が必要です。

 

 ピータンが食べているのは、

ナチュラハ グレインフリー

ビーフ&野菜入り」

 ウェットタイプの総合栄養食です。ちょいアレルギー体質のピータンでも安心のグレインフリー。カリカリフードよりも匂いはかなり強め。それが食欲をそそるのかな?

 

本当にありがとう。ナチュラハ。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。

(T ^ T)

 

↓新しいカムパグショップはこちらです

kamupug.stores.jp

 

↓月曜日まで400円引きクーポン配布中!

www.ttrinity.jp