元保護犬パグのやり直し人(犬)生

何事も全力パグの日常スケッチ

食いしん坊の変化

ボノは猛烈な食いしん坊で、 食べものを見ると大興奮し、 異常な執着をみせます。 まあ、そもそもですね、 パグの食いしん坊はデフォルトなんですが、 ボノこそ食いしん坊界のキングだと思います。 もちろん保護犬さんだから、 今までのボノの犬生で、 ご飯…

静かでいて最強

ボノってどこか遠慮がちなところがあって、 自分の要求よりもその場の雰囲気を読んで、 静かに待っていたりします。 ボノの生い立ちを思うと、 人に相手にされず育ってきたから なんでしょうけど…。 どうしようもなく切なくなってしまいます。 ボノさ、我慢…

ボノ記念日

秋になるとあっという間にやってくるあの日。 パンパカパーン‼︎ ボノが我が家にやってきた記念日。 本当の誕生日はわからないからこの日を ボノとなった人(犬)生の誕生日としている。 ボノは2歳になりました。 え?まだ2年? うそでしょ? ペットと暮らす…

渾身のはてな

実はボノは「お手」をしません。 過去に誰にも教えてもらわなかったようです。 ボノは人にかまってもらえずに成長したので、 当たり前のしつけができていなかったり、 社会を知らなかったり、 人とのコミュ力に欠けるふしがあります。 我が家にやってきてか…

一気!

我が家でボノが規則正しく生活を始めて だいたい1週間過ぎた頃には、 生活リズムができてきます。 次はご飯だなーとか、 そろそろ散歩っすね!とか、 もうみんな寝るんでしょーってわかるくらい、 ボノの体内時計に刻まれます。 睡眠は静かにぐっすり。 朝夕…

自己紹介

ガターン!!! リビングで大きな音が響きました。 振り返るとゴミ箱が荒らされてます。 中にあったお菓子の袋を狙ったもようです。 犯人は1人。 しかも現場に。 そして悪びれる素振りもなく。 キリッとした顔で。 しかも目が合ってしっぽピコピコ。 嗚呼、…

保護犬です

散歩中はいろいろな人とすれ違います。 中でもパグが好きでとか パグを昔飼っててとか パグに興味のある人は声をかけてくれます。 うれしいことです。 プーちゃんは知らない人でも 静かになでてもらっています。 プーちゃんと歩いているとよく 何歳?って聞…

やる気スイッチ

成犬といわれるのは何才からでしょうか。 生後半年で大人の大きさまでに成長する犬がいます。 この犬は成犬ですか。 一見大人サイズでも、 まだ動きが幼かったりします。 犬種や性別によって差はあると思いますが、 パグだとだいたい2〜3歳くらいから 精神的…

俺ん家

プーちゃんがやってきてから1週間経った頃 散歩に変化が見られはじめます。 自分から前へ前へと進み、 電信柱のにおいを嗅ぎ、 脚を高々とあげてチッコしています。 散歩コースの電信柱を 最後の一滴になるまでくまなく巡ります。 ウンチは完全に外派。 道…

イケパグ

君のための一式をそろえましたよ。 意外と似合ってますよ❤️ せっかくの首輪ですが半分はシワに埋もれています。 その後の様子を見にきてくださった保護団体の方に、 お借りしていた首輪やリードをお返しして、 プーちゃんのイケてる姿を見ていただきました。…

おりこうさん

保護犬さんでも、どういう過去があったのか なんとなく知ることができます。 ワンコとお見合いするときに、 その子の性格や病気や体質や過去についての説明を受け、 全てを分かった上で受け入れることができるか、 里親になるための審査があります。 プーち…

早食いチャンピオン

ご飯は預かりボランティアさんのお宅で食べていたものと同じドライフード。 まずは食べ慣れているものを与えます。 保護犬さんは環境が変わったストレスや、 飼い主と別れた不安から、 ご飯を食べなくなることがあります。 実際、分離不安気味のプーちゃんが…

推定おじさん

保護犬の場合、 年齢や誕生日などはたいていわかりません。 あくまでも推定年齢ということになります。 獣医さんは年齢を見るとき、 口の中の状態を参考にするそうです。 このパグさんの場合毛艶は悪くないのですが、 お口を見る限りそんなに若くはないよう…

あんた誰?

元の家→保健所→動物病院→預かりさん家 そして我が家へ。 目まぐるしく環境が変わっていくパグさん。 保護団体の方が帰った後 しばらくウロウロと探し続けますが、 いないとわかると急に 「あんた誰?」っていう鋭い目で こちらをふりかえりました。 次なる飼…

調査開始

においをかいで調査が終わると、 壁にチッコして自分のにおいをつけました。 保護団体の方は こちらの住環境や家族構成などを確認します。 再び放棄されることがないように するためです。

第二の人(犬)生はじまる

レスキューした保護団体の方たちに 健康チェックやシャンプーなどをしてもらい、 預かりボランティアさんのお宅で 家庭犬としてトレーニングをして過ごし、 里親募集の写真を見たわが家へ やってきました。